初心者でもアジが釣れるようになる

【アジング最強の型】

 

2万匹以上アジを釣った

矢野がやっているアジングの型。

 

このアジングの型を知るだけで

誰でもボーズが減って

簡単にアジが釣れるようになる。

 

 

 

あなたもそんなアジングの型を手に入れて

アジングでボーズを減らして

たくさんのアジが釣れるようになりませんか?

 

 

即効性も抜群で

僕はアジングの型を手にした直後の1か月で

ボーズを9割減らすことができ、

1か月で400匹のアジが釣れました。

 

そして1回で100匹以上のアジを何度も釣ったり

尺アジ、ギガアジ、テラアジなど大型のアジを含んだ

累計2万匹以上のアジが釣れました。

 

 

アジングの型通りに釣っていくと

誰でも簡単にボーズを減らして

アジを釣ることが可能です。

 

アジングの釣り方が分からず

ボーズを何度も繰り返して

釣果よりガソリン代が上がる日々。

 

 

自分だけ思うようにアジが釣れずに

SNS上の爆釣釣果を見ては

羨む日常を脱出して、

 

誰でも簡単にアジが釣れるようになる

アジングの型をあなたも手に入れてみませんか?

 

 

僕がアジングで2万匹以上釣ったのは

アジングの型を知ったおかげ

 

こんにちは、矢野です。

 

僕は2005年に本格的にアジングを始め

15年以上アジングメインで釣行をしてきました。

 

そして

 

・アジングで累計2万匹以上のアジを水揚げ。

 

・国内最古の針屋、土肥富のテスターで

レンジクロスフック、レンジクロスヘッド、

フロードライブヘッド、ラッシュヘッドの設計、テストを担当

 

などの実績があります。

 

そして現在もアジングメインで釣行を繰り返し

ブログやYouTube(登録者8000人超)を使った

アジングの情報発信や、

新しいアジング用のフックの開発、テストをするなど

活躍の場をどんどん広げております。

 

 

で、過去を振り返ってみると

僕がアジングで飛躍的に釣れるようになったのは

 

 

間違いなく

 

アジングの型

 

を覚えて実践してきたからです。

 

 

 

 

僕はアジングの型を実践したことで

釣り場で素早くアジを見つけて

効率よくアジが釣れるようになり、

釣果がめっちゃアップするようになりました。

 

 

アジングの型を知らずに釣行を重ねていた時は

 

毎回のようにボーズを繰り返したり

周りは入れ食いだけど自分だけ釣れずに、

「お前めっちゃヘタクソやなw」

 

と知らない釣り人にバカにされてました。

 

 

それがアジングの型を学ぶことで、

釣り場で自分だけ釣れないことが減り、

今までボーズだったのが嘘のように

アジが釣れるようになったのです。

 

さらにアジが釣れるようになったことで、

新しいアジングポイントを

どんどん見つけれるようになりました。

 

 

アジングの型を知らなかった時は

自分の釣り方が悪いからアジが釣れないのか?

それともポイントにアジが居ないから釣れないのか?

の判断ができませんでした。

 

その結果、本当はアジが居るのに

「この場所にはアジが入ってない」

と自分に都合のいい解釈をして、

釣れるポイントをスルーするなど

勿体ないこと繰り返していました。

 

しかしアジングの型を知り、

自分の釣り方に自信が持てると

高い精度で入ったポイントのアジの有無を

判断できるようになりました。

 

その結果アジが全く釣れない、

いわゆるボーズの回数を

9割減らすことができました。

 

 

 

 

さらにボーズが9割減ったことで、

釣果は右肩上がりに伸びていき、

100匹超えの釣果を何度も繰り返し

累計2万匹以上のアジを釣ることができました。

 

 

おかげで僕は毎回のようにボーズで、

空のクーラーの氷をもったいないからと

冷凍庫に戻す虚しい日々や、

釣り場で会った知らない人に

 

「兄ちゃんヘタクソやな、この状況でアジを釣らない方が難しいよw」

 

「ヘタクソが居たらアジが散るから、他所でやってくれ。」

 

と言われ続けた辛い日々から脱出することができました。

 

 

 

釣り場で自分だけ釣れなかった時は、

周りがクーラー満タンのアジを眺めながら

どうやってアジを食べようか談笑しているのを

遠巻きに眺めては羨んでいました。

 

 

釣り場で一緒になった人に

 

「兄ちゃんヘタクソやなw」

「ヘタクソが居たらアジが散るから他所でやってくれ」

 

と言われてからは、

他の人が釣り場に来たら、

バカにされるのが嫌で

逃げるように移動していました。

 

 

しかしアジングの型を学んだら

そんな悩みは跡形もなく消え去りました。

 

 

 

 

 

「たくさんアジが釣れてストレス発散になって楽しい~」

 

「色んなアジ料理が堪能できて最高~」

 

といった感じで

過去の悩みを感じていた日々とは無縁になりました。

 

 

さらに釣り具メーカーと

アジングの製品開発を一緒にするようになり、

楽しく充実した日々を過ごしています。

 

 

 

けど、もし僕がアジングの型に

出会ってなかったら。

 

間違いなく今のレベルまで成長することは

なかったと思います。

 

 

その理由はアジングの型を知るまでの僕は、

思い出すのも辛いくらい、

悲惨な釣果の連続で、

周りから馬鹿にされる日々でした。

 

 

その中でもアジングの型を知る直前の

特に辛かった日々は

10年以上経った今でも

鮮明に思い出せるほど

脳裏に焼き付いています。

 

 

知らない人に50対1で釣り負け、

バカにされて半泣きで帰った日

 

2005年の6月、

初めてアジングメインで釣行した時に

何を投げても釣れる超高活性なアジの群れに当たり、

100匹以上のアジを釣ることができました。

 

 

 

 

1回で100匹以上という

予想以上多くのアジが簡単に釣れたので、

一気にアジングにはまり

そこからアジングメインでの釣行が増えました。

 

しかしその後は

最初の釣果がまぐれだったかの如く

全く釣果が伸びない日々。

 

 

 

釣行の7割はボーズで、

釣れたとしても夕マズメなどに

高活性なアジが数匹釣れる程度。

 

他の釣り人と一緒になった時は

周りが入れ食いなのに

自分だけ釣れないのは日常茶飯事。

 

周りの人たちが

クーラー満タンのアジを眺めながら

「このアジ何して食べようかな~」

と談笑しているのを

「くっそ~、なんで俺だけ釣れないんだ」と思いながら

遠巻きに眺めていました。

 

 

それでもアジングでアジを釣りたいという

強い気持ちがあったので、

週末だけ釣りに行ってたのを

平日の仕事終わりにも行くなど

釣行回数を増やして頑張りました。

 

 

しかし当然ですが、

闇雲に釣行回数を増やしたところで

なぜ釣れないのか分かってないと

釣れるようにはなりませんし

もし釣れたとしてもマグレなので

次回同じように釣れるとは限りません。

 

 

釣行回数は増えたけど、

釣果は全然上がらない。

 

上がったのは釣果ではなく

毎月のガソリン代と

メンタルへのダメージでした。

 

 

それでも最初にアジングで

100匹以上釣った時の快感、

新鮮なアジの刺身の味が忘れられずに

足しげくアジングに通っていました。

 

 

しかし同じポイントで周りが入れ食い中に

1人だけ釣れないことを

何度も繰り返すと

釣り場でかなり目立つみたいで、

当時通っていたポイントの人たちに

ヘタクソでアジが釣れない兄ちゃんと

噂されるようになりました。

 

 

最初はすれ違う時に挨拶をしていたのですが、

ヘタクソと噂されるようになってからは、

波止場ですれ違う時に舌打ちをされたり、

 

「おっ、今日もヘタクソが釣りしてるぞ」

 

「自分だけ釣れないのによく来るね~」という言葉を

 

僕にわざと聞こえるように、

遠くから言われるようになりました。

 

 

 

それでも

「まぁ周りが釣れてるけど自分だけ釣れてないから仕方ないか・・・」

と思いながら釣りをしていたのですが、

嫌味な言葉や舌打ちを聞くたびに

イラっとしたり、ストレスを感じます。

 

 

そして夏の蒸し暑い夜の釣行時、

いつもよくアジを釣っている

グループのおっさんと並んで

アジングをしていたら、

おっさんが1時間で50匹釣る間に

僕は1匹か釣れませんでした。

 

自分だけ釣れないことに慣れているとはいえ、

1時間に50対1匹はあまりにも差が大きくて、

自分の下手さにかなりショックを受けました。

 

おっさんがクーラー満タンになった

アジを数えているのをチラ見しながら

「あれだけアジ釣れたら刺身や塩焼き、フライなど色んな料理ができるな~」

と羨んでました。

 

すると僕がチラ見しているのに気が付いたのか、

おっさんがこっちに寄ってきて話しかけてきました。

 

 

「兄ちゃん、この状況でアジ釣らない方が難しいぞ、どんだけヘタクソなんやw」

 

「前から言いたかったんやけど、兄ちゃんのようなヘタクソが横で釣ったらアジが散って他の人の邪魔になるから、他の場所で釣りしてくれや。」

 

ということをネチネチと10分ほど言われ続けました。

 

この時言われたこの言葉は

15年くらい経った今でも鮮明に覚えています。

 

ただでさえ釣れなくて凹んでいたところに

まさかいきなり馬鹿にされるとは思ってもなく、

言われた瞬間に頭の中は真っ白に。

 

何も言い返すこともできずに

ロッドを持っている手が小刻みに震え始め

その場にいることが恥ずかしくなり、

すぐに釣りするのをやめて納竿。

 

自分だけアジが釣れなかった悔しさと

釣れなくて馬鹿にされた悔しさが入り混じり、

帰りの車の中で思わず涙ぐんでしまいました。

 

その1件があってから、

周りの目が気になり始め、

釣り場で他の人が来るたびに、

逃げるように他の場所に

移動するようになりました。

 

そしてアジングの釣行回数も減っていきました。

 

アジングの釣り方を調べても情報がない。

一体どうしたらいいんだ?

 

アジングの釣行回数は減った代わりに

今までやっていた餌釣りの回数が増えました。

 

餌を付けて投げて

のんびり待つだけの釣り。

 

アジングのように

自分だけ全く釣れないことはなく、

周りの目を気にせずに楽しめてました。

 

 

 

 

しかし、のんびり餌釣りをしている時も

アジングで釣れなかった時の

悔しさが頭から離れません。

 

 

なぜ周りは釣れているのに

自分だけ釣れなかったのか?

 

自分の釣り方の何が悪かったのか?

 

 

何とかしてアジングでアジが釣れるようになりたい。

 

でもどうやったらアジングで

アジが釣れるようになるのだろう?

 

 

今まで自分で色々考えてやってみたけど

全く効果がないからボーズや貧果を繰り返している。

 

そもそも釣れない原因が分からないから

対策のしようがない。

 

そして闇雲にアジングに行って

ボーズや貧果を繰り返して周りに馬鹿にされて

メンタルがやられる悪循環に陥っている。

 

そこで雑誌やネットで

アジングについて調べようとするも

アジング黎明期とあって、

雑誌やネット上にも

アジングについての情報が

ほとんどない時代。

 

たまにあったとしても、

メバル狙ってたらアジが釣れたという

情報があるくらいであまり参考にはなりません。

 

今のようにアジングの情報が

雑誌やネット上に溢れていることなく、

なかなかアジングについての情報を

手に入れるのが難しい時代でした。

 

 

これが釣りのセンスがある人だったら

自分で考えて釣れるようになっていたでしょう。

 

 

しかし僕はアジングの前は

餌釣りをメインでやっていたため、

ルアー釣りの経験、知識が

全くと言っていいほどなく、

 

ルアー釣りといえば

投げて巻くだけしか思いつかない

壊滅的にセンスがない人間。

 

自分で釣り方を試行錯誤して

アジを釣るということができませんでした。

 

 

そこで釣りに詳しい釣り具屋の店員さんなら

何か知っているかな?と思い、

アジングについて相談してみたけど、

 

「アジングは分からないな~?」

「ていうかアジなんてサビキで釣ったら?」

 

と言う答えが返ってきて

苦笑いするしかありませんでした。

 

 

雑誌やネットでも調べようがなく、

釣り具屋の店員にはサビキで釣れと言われ、

結局は自分の力で釣れるようになるしかない。

 

そう思ってアジングに行くも

釣れない原因が分かってないままなので、

当然釣れるようになるわけもなく、

ガソリン代などの釣行費用が増えるだけで

まさに八方ふさがりな状態でした。

 

 

そんな状態が数か月続いて

メンタル的にもきつくなり、

「もうアジング辞めようかな?」

と心が折れかけていた時に、

とある釣り具屋で

運命の出会いをすることになるのです。

 

 

アジングの型さえ知れば

ほぼ100%アジが釣れる?

 

 

それは中学の同級生で、

ブラックバス釣りが得意なS君との再会でした。

 

この時に釣り具屋でS君に出会わなければ

僕が今のようにアジングで釣れるようになることは

なかったでしょう。

 

そのくらい精神的に

追い詰められている状態でした。

 

 

中学卒業以来の再会だったので、

店の外に出てコーヒー飲みながら

お互いの近況の話で盛り上がりつつ、

 

「最近も釣りはブラックバス釣ってるの?」と聞くと、

 

「いや、最近はアジングばかりやってる。これがかなり面白いんだよね」

という答えが返っていました。

 

 

なんとS君も僕と同じくアジングをやっていたのです。

 

 

しかも携帯の写真を見せてもらうと、

地面いっぱいに並んだ100匹以上のアジの写真や、

刺身、アジフライ、ナメロウなどの

美味しそうな料理の写真がたくさん!!

 

 

 

毎回のようにボーズを繰り返し

釣れても5匹がやっとの僕にとって

アジが100匹以上並んだ写真は

とても衝撃でした。

 

 

あまりに衝撃的な釣果を見て

アジングについてもっと話たくなったので、

居酒屋に飲みに誘って、

美味しい刺身に舌鼓を打ちながら

色々とアジングについて話しました。

 

 

その時に僕も最近アジングを始めたこと。

 

初めてアジングに行ったときは100匹釣れたけど、

そのあとは釣行の7割はボーズになって

釣り場で知らない人に

馬鹿にされている話などをしました。

 

 

するとS君からは、

 

「アジ?基本的な釣り方さえ知れば、誰でも簡単に釣れるよw」

 

「自然相手だから100%とは言えないけど、

そこにアジが居れば100%近い確率で釣れるんじゃないかな?」

 

と、衝撃的な答えが返ってきたのです。

 

 

いやいや、アジングで簡単に釣れるとか、

アジが居たらほぼ100%釣れるとか

ちょっと自信過剰じゃないか?

 

さすがにそれはあり得ないだろ。

 

僕は最初にS君が言ったことを

信じることができませんでした。

 

 

しかしS君がやってるアジングの釣り方や

アジの習性の話を聞いていると

自分が知らない内容がポンポン飛び出してきます。

 

話の内容も面白いし、勉強になるので、

時間を忘れて話まくる。

 

そして不思議なことに、

S君からアジングの釣り方や

ポイントの選び方を聞いていると、

非常に理にかなっているので

聞いているだけでアジが釣れる気になる。

 

純粋に「このようにしたら釣れるんじゃない?」と思えるのです。

 

 

「すげ~な~」と思いながら話を聞いていると、

 

S君がアジングで釣れるようになった理由を

教えてくれました。

 

 

 

S君「僕がアジングで釣れるようになったのは、アジの生態を意識した釣り方である【型】を身に付けたからだよ」

 

 

矢野「アジングの釣り方の【型】?」

 

 

S君「そう、アジングって基本的な釣り方に型があって、その型さえ覚えたら簡単にアジが釣れるよ」

 

矢野「アジングの型さえ覚えたら簡単に釣れる?」

 

 

S君「うん、だから矢野君のように

ほとんどルアー釣りの経験がなくても、

型さえ知れば簡単にアジが釣れるようになる。

 

 

逆に型を知らないと、

ほとんどアジを釣ることができない。

 

 

周りが入れ食いだとしても

自分だけ釣れないことも普通にあるよ。

 

 

まぁそれがアジングの面白いところなんだけどね。

 

釣れるとしても何を投げても釣れる

超高活性なアジの群れくらいかな。

 

 

あれは投げるだけで簡単に釣れるから、

アジングって簡単って勘違いしやすいんだよね。

 

 

そして普通の活性のアジだと全く釣れなくなって、

アジング難しいってなる。

 

ぶっちゃけ矢野君、

その状態になってるんじゃないw?」

 

 

な、なんで今の僕の状況が的確にわかるんだ・・・・・。

 

 

あまりに的を得ていたので

思わず言葉に詰まりました。

 

 

実際に僕は初めてのアジングで100匹釣れて

アジングって簡単で面白いってなったけど、

そのあとほとんど釣れなくなってました。

 

何が原因で釣れないか全く分からずに

アジングでアジを釣るのは難しくて

釣りのセンスのある人じゃないと釣れないって

勝手に思ってました。

 

しかしこの話を聞いたら

目の前の霧が晴れて

一気に視界が開けた気がしました。

 

 

アジの生態を意識した

釣り方の型。

 

 

S君はこの型を学んだから

1回の釣行で100匹以上アジを釣るようになり、

アジが居たらほぼ100%釣れる自信があるのだと。

 

ここまで話を聞いた時点で、

僕はS君がいうアジングの型が知りたくなって、

何度も教えてもらえるように頼み込んだ結果。

 

一緒にアジングに行って

型を教えてもらう代わりに

美女と合コンをセッティングする約束で

教えてもらえることになりました。

 

しかし正直言うと

僕がアジングの型を習得できるか不安で

仕方ありませんでした。

 

S君はバス釣りなどの

ルアー釣りの経験が豊富なのに対し

僕は餌釣りばかりやっていたので

ルアー釣りの経験が少ない。

 

ルアー釣りの経験が豊富な人が簡単とはいうけど

経験が少ない僕には難しいのではないか?

 

そもそも釣りのセンスがない

僕ができるようになるのか?

 

アジングの型を

教えてもらえるようになったけど、

ルアー釣りの経験が少ない僕では

無理なのではないかと

不安で仕方ありませんでした。

 

しかしそんな不安も一瞬で吹き飛ぶほど

アジングの型を学ぶことで

簡単にアジが釣れるようになったのです。

 

 

アジングで10匹を目指せ!

僕のアジング人生の転機となった

友人との釣行

 

S君にアジングの型を教えてもらえる日。

 

明るいうちに釣り場に到着して

早速アジングの型となる

釣り方を教えてもらいます。

 

すると難しいと思っていたけど

教えてもらうとめちゃくちゃシンプルで簡単。

 

そして1つ1つが理にかなっている。

 

 

ルアー釣りの経験がほとんどない僕でも

S君が教えてくれた様々なアジングの型は

シンプルでとても覚えやすかったのです。

 

 

これなら僕でも習得できそうだ。

 

 

そこから暗くなるまでに

S君に教えてもらった型を

体に覚えるように何度も何度も

繰り返し復習していきました。

 

 

そして辺りが薄暗くなるころには

見よう見まねですが、

基本的な釣り方の型が

できるようになりました。

 

 

「今日は10匹は釣ってもらうから」と

いきなりプレッシャーをかけてくるS君。

 

 

アジングで毎回のように

クーラー満タンのアジを釣ってる

S君に教えてもらった型。

 

 

きっとアジが釣れる・・・・・はず。

 

 

しかしぶっちゃけると

僕はアジが釣れるかどうか不安でした。

 

 

S君だからこそ上手く釣れているだけで、

僕では釣れないのでは?

という思いが心の隅にありました。

 

 

S君はルアー釣り歴も長くてセンスもあるので、

型を学んでもS君だから釣れたのであって

僕では釣れないのでは?

 

 

という不安を捨てることができなかったのです。

 

 

 

けどそんなことを考えていても仕方ないので

とりあえず海に向かい、

教えてもらった通りの型で釣り始めました。

 

 

 

するといきなり1投目で

25cmほどのアジが釣れてくれたのです。

 

 

 

 

 

 

思わず「釣れた!釣れた!」と

声を出してしまうくらいびっくりしました。

 

 

嘘だろ?今まで1匹釣るのに苦労したのに、

いきなりアジが釣れるなんて・・・・・・。

 

 

自分でも正直びっくりして

ヤバイヤバイを連呼していましたが、

S君は当たり前だろって感じで

笑いながら見ています。

 

 

「おめでとう!そのアジは群れでいるタイプのアジだから、

あとは今釣れた時と同じように釣れば数釣れるよ!」

 

 

 

そしてその後はS君の言った通りになりました。

 

教えてもらった通りの釣り方で同じように釣っていくと、

アジが釣れるのです。

 

試しに今まで自分が釣っていた釣り方に戻すと

全くアタリがありません。

 

いやいや、釣り方をちょっと変えるだけで

こんなに釣果に差が出るなんて。

 

今まで何度も何度も必死に

アジングに行っても釣れなかったのに・・・・・。

 

S君に教えてもらった型通りに釣ると

簡単にアジが釣れる。

 

しかもたまたま1匹釣れただけではなく、

再現性もあって連発して

釣果も2匹、3匹と伸びていく。

 

 

S君の話を聞いただけでは

にわかに信じられない自分が居ましたが、

 

こうして実際にアジが釣れるのを

目の当たりにすると

今まで自分がアジングで釣れなかったのは

アジングの型を知らなかっただけだったんだと

改めて痛感しました。

 

 

 

 

そして、この日の目標であった

10匹以上のアジを釣ることができ

アジングを始めて1年ぶり2回目の

2桁以上の釣果を出すことができました。

 

 

そしてこの経験から

この先アジが釣れないだろうという不安は

跡形もなく消え去りました。

 

アジングの型に沿って釣っていけば

必ず釣果が出るから。

 

S君が言うほぼ100%アジが釣れるという意味が

型を学ぶことによって理解できたのです。

 

なんとボーズが9割減!

ギガアジ、テラアジを含む

累計で2万匹以上のアジを水揚げ!

 

S君からアジングの型を学んだ後、

自分の釣りに自信が持てた僕は、

リベンジの意味合いも込めて

今までアジを釣ることができなかった

各ポイントに足を運びました。

 

 

そしてアジングの型通りに釣ると

今まで釣れなかったのが嘘のように

アジが釣れるようになったのです。

 

 

 

 

 

しかも、たまたま1匹釣れたとかではなく、

再現性もあって連発する。

 

たまに季節や風などの関係で、

アジが釣れない時もありましたが、

基本的に1回の釣行で

10匹、20匹の釣果は当たり前で

多い時100匹を超えるアジが

釣れてくれました。

 

 

アジングの型は

特定の場所でしか釣れないのではなく、

様々なポイントで安定して釣れたのです。

 

 

それまでは釣行の7割はボーズだったのに、

型を学んだ後はボーズが激減。

 

型を学ぶ前と比較して9割も

ボーズの回数が減りました。

 

 

さらに教えてもらった型をベースに

ポイントの状況に合わせて

釣り方を進化させたり、

新しいポイントの開拓を

次々としていきました。

 

 

ベイトパターン、アミパターンは

どのようなアクションで釣ったらいいのか?

 

尺アジ、ギガアジ、テラアジは

どんなポイントがいいのか?など

 

 

アジングの型を基準に、

ポイントの状況に合わせて

釣り方の調整を意識しながら

釣行を重ねていきました。

 

 

 

 

すると色々なポイントで

アジが安定して釣れるようになり、

釣果も面白いように右肩上がりで

グングン伸びていきました。

 

 

そして安定してアジが釣れるようになった後も

現状に満足することなく、

 

「もっと多くのアジが釣れる方法はないか?」

 

と、常に考えながら釣行して、

アジングの型を進化させていきました。

 

 

 

その結果、1回の釣行で

100匹以上のアジが釣れたり、

尺アジ、ギガアジ、テラアジなどの

大型のアジも釣れるようになりました。

 

 

そして毎年1000匹以上のアジを釣り、

これまでの累計で2万匹以上という

膨大な数のアジを釣ることができたのです。

 

 

アジング歴3年でも

釣果がほとんど上がらない人の現状

 

僕はアジングの型を学んでよかったと

15年ほど経った今でも思います。

 

その理由として、

今まで色々な釣り場で

アジング経験者と一緒になったことがありますが、

 

数年間アジングの経験があるにも関わらず

あまりアジが釣れない人が多いんです。

 

 

釣れてない原因も、

アジングの型を知らずに

一部の自社製品を売るための

偏向的な情報発信に流されていたり、

アジの習性を無視した釣り方を

している方が多いです。

 

 

竿、リールなどの

タックルはバッチリだけど、

アジングの型を知らないから

偏向的な情報発信を信じてしまい、

釣り方が悪くて釣れない。

 

 

レンジの取り方、

アクションの入れ方、

食わせの間の時間などの

釣り方をちょっと工夫すると、

 

釣果も2倍、3倍と跳ね上がるのに、

アジングの型を知らないから

釣果が上がらない。

 

 

そしてアジングの型を

知っている人と比べて

簡単に2倍3倍の釣果差が

ついてしまいます。

 

 

アジングの型を知るだけで

誰でも簡単にアジが釣れるようになり、

釣果アップするようになるのに、

勿体ないな~とよく思います。

 

 

けど、もし僕がアジングの型を

学んでなかったら。

 

 

毎回のようにボーズを繰り返して

知らない人にヘタクソ呼ばわりされたり、

SNS上の釣果を見ては

なんで自分だけアジが釣れないんだ、と

精神的にも疲れ切っていたでしょう。

 

現にアジングの型を知る前は

あまりにもアジが釣れないことが原因で

釣り場で会った人間に馬鹿にされ続けて、

アジングから数か月離れるくらい

精神的に追い詰められていました。

 

 

本来なら

趣味であるアジングで

息抜きをするはずが、

ストレスを溜めて

精神的に追い詰められるなんて

本末転倒もいいところです。

 

今でもアジングの型を学ぶ前の

釣れなかった日々を思い出すと

思わず涙ぐんでしまうくらい

辛い日々でした。

 

しかしアジングの型を学んだことで、

各ポイントの状況に合わせた

適切な釣り方ができるようになり、

アジングの型を学ぶ前と比べて

ボーズが9割減りました。

 

 

そして釣果も、

10匹、20匹と上がり続け、

 

1回の釣行で

100匹以上の釣果を出し、

 

累計で2万匹以上のアジを

釣ることができました。

 

アジングでアジが釣れないからと

釣り場でバカにされることもなくなり、

逆に「どうやったら釣れますか?」と

アジングの釣り方を聞かれるようになりました。

 

さらにメーカーと協力して

アジングの製品の開発、テストを

行うようになりました。

 

 

もしアジングの型を学んでなければ、

10年経験を積もうがアジが釣れずに

周りから馬鹿にされ続けて、

精神的に疲れ切ってしまって

おそらくアジングをやめていたでしょう。

 

僕はアジングの型を知ったから

累計2万匹以上のアジを

釣ることができました

 

このようにアジングで

釣果アップするためには

アジングの型を知ることが

非常に重要なのです。

 

 

僕自身、まだアジング歴が浅い時に

アジングの型を学べたことにより、

型を知らない人よりも

多くのアジが釣れるようになりました。

 

 

もしこの型を学ばなければ

何年もアジングの経験を積んでも

あまりアジが釣れずに馬鹿にされ続けたり、

1回の釣行で100匹以上釣ることもなく、

2万匹以上のアジも釣れなかったでしょう。

 

何度も言ってますが

アジングの型を知る前の僕は

毎回のようにボーズだったり

周りが入れ食いで自分だけ釣れずに、

釣り場で馬鹿にされる日々でした。

 

アジングの型を知らなければ

10年経験を積もうが、

まともにアジが釣れずに

釣り場で馬鹿にされ続けて

アジングが嫌になっていたかもしれません。

 

 

 

しかしアジングの型を知ったことで、

ボーズが9割減って、

ギガアジ、テラアジの大型のアジを含む、

累計2万匹以上のアジを釣ることができました。

 

 

釣果アップすることで、

アジの引きを楽しんだり、

色んな種類のアジ料理を堪能できるだけでなく、

釣り場でアジングがヘタクソな奴と

馬鹿にされることもなくなりました

 

 

むしろ馬鹿にされるどころか、

「アジングの釣り方を教えてください」と言われたり、

メーカーの製品開発のお手伝いもするようになりました。

 

今までアジングをしている方を

たくさん見てきましたが、

アジングの型を知っている人と知らない人では、

釣果に大きな差が出ています。

 

 

アジングの型を知らない限り、

釣果差は埋まることなく、

今後どんどん開いていくでしょう。

 

 

初心者でもアジが釣れるようになる‼

アジング最強の型のコースと内容

 

 

アジング最強の型では

インターネット上の会員制サイトを利用して

アジングで簡単にアジを釣るための型を

初心者の方でも分かりやすいように

動画で紹介しています。

 

 

コンテンツ数は28個、

動画の時間は約5時間の

ボリュームがあります。

 

 

僕のコンテンツを見ていただければ

矢野が2万匹以上釣った実績があり、

現在も釣果を出しまくっている

 

 

簡単にアジングで、

アジが釣れるようになる

【型】

アジング初心者でも

習得することができます。

 

 

難しい参考書のようなことはなく、

アジング初心者の方でも理解できるように

丁寧に作りこんだ内容となっていますので、

ご安心ください。

 

 

詳しいコンテンツの内容は

以下をご覧ください。

 

 アジングを始めたけど、どのように釣ればアジが釣れるのかさっぱり分からない。アジング初心者が初めてのアジを釣るためには、どのような釣り方をしたらいいのか?


アジング初心者の方に向けて、アジングの基本的な釣り方の一連の流れ、釣果を出すための重要な3つのコツ、海中でのジグヘッドの動きを詳しく解説しています。

この内容を見ることで、アジングの基本的な釣り方や、海中でのジグヘッドの動きが分かり、どのように釣ればアジが釣れるかイメージできるようになるでしょう。


 僕は自分で考えて、ロッドやリールを操作していましたが、間違った方法だったので、周りが入れ食いでも自分だけボーズばかり繰り返してました。しかし正しいロッドアクションやリールの操作を知ってからは、色んな場所できちんとアジが釣れるようになりました。そんな人一倍不器用だった矢野が、色んな場所でアジが釣れるようになったロッド、リールの操作法とは?


どんなスポーツでも基本が大切なのと同じで、アジングでもアジが釣れる型通り、ロッドやリールを操作する必要があります。そこで初心者の方でも分かりやすいように、全体の動き、右手元のアップ、左手元のアップの3パターンで、アジングの型を行った時の、ロッドやリールの操作を紹介しました。この動画を見ることで、あなたも僕と同じように色んな場所でアジが釣れるロッド、リールの操作ができるようになるでしょう。


1540_32横風、追い風、向かい風が強くて心が折れかけてるあなたに送る、風の影響を最小限に抑えるレンジの取り方、アクション、食わせの間の入れるコツとは?


1g前後のジグヘッドを使うことが多いアジングでは、少しでも風が強いとライントラブルが増えるなど、難易度が一気に上がるため、レンジを取る時やアクション、食わせの間を入れる時に、ちょっとしたコツが必要があります。そのコツを実際に実釣しながら詳しく解説しており、この動画を見ることで、あなたも風が強い日の釣り方を習得できるでしょう。


 ジグヘッドを真っすぐ投げたり、飛距離を出すには、投げる時に〇〇と〇〇の2つを意識するだけで、真っすぐ飛距離を出して投げることができます。その2つの〇〇と〇〇を意識した投げ方とは?


僕は1g前後の軽いジグヘッドを投げるの苦手で、狙った方向とは違う方に飛んでいき、隣の人と絡んでしまうことがよくありました。さらに他の人と比べても、飛距離が短かったです。しかし〇〇と〇〇を意識して投げることで、真っすぐ飛距離を出して投げれるようになりました。そこで真っすぐ飛距離が出る投げ方(ダブルハンド)を、実際に投げながら解説しています。


投げた後にライントラブルを減らすためには、投げた後の〇〇〇の〇〇〇〇がコツになります。これができないと、ライントラブルの回数が2倍、3倍に増え、アジが釣れる時合いを逃してしまい、釣果も伸びません。そのライントラブルを減らすためのコツを紹介しています。


僕は、投げた後の〇〇〇の〇〇〇〇がきちんとできてなかったので、ライントラブルが多発していました。しかし投げた後に、〇〇〇の〇〇〇〇を意識することで、ライントラブルを激減させ、短い地合いでも取りこぼすことなく、アジを釣ることができるようになりました。その〇について実際にロッドワークを交えて紹介しています。


 アジングで釣果を出すために一番重要なレンジ。このレンジをどのように取ればアジが釣りやすくなるのか、矢野が実際に動画で無風時と強風時のレンジの取り方を紹介しました。この動画の真似をしてレンジを取れば、誰でもアジが釣れて連発するレンジの取り方ができるでしょう。


アジングで一番釣果に直結する重要な要素がレンジになり、きちんとレンジが取れてないと、どれだけいいアクションを入れても、アジを釣ることは難しいです。そこで無風時、強風時にどのようにレンジを取っていけばいいか、動画で詳しく紹介しています。この動画を真似すれば、矢野と同じレンジの取り方ができるようになるでしょう。


ジグヘッドが海面に着水した瞬間が分からないから正確にレンジが取れない。そんなあなたに送る、ジグヘッドが海面に着水した瞬間を正確に知るコツとは?


レンジを正確に探すには、ジグヘッドが海面に着水した瞬間からカウントを取る必要があります。しかし視認性が悪い夜だと、ジグヘッドが着水した瞬間が分かりにくくいです。そこで夜間でもジグヘッドが海面に着水した瞬間を知るコツを紹介しています。


過去の僕は、アジを釣って連発を狙っても、レンジを取った後の適切な〇〇の〇〇ができてなかったので、無意識のうちに違うレンジを探ってしまい、単発でしかアジが釣れませんでした。しかしレンジを取った後の適切な〇〇の〇〇を覚えてからは、再現性を出せて連発でアジが釣れるようになりました。その適切な〇〇とは?


アジングで数を釣るのに重要なのは、1匹釣れたら同じレンジを探ること。しかし多くのアジング初心者は、過去の僕と同じようにレンジを取った後の適切な〇〇の〇〇ができてないので、無意識のうちに同じレンジを探れずに、数釣りが難しくなっています。そこでレンジを取った後の適切な〇〇の〇〇を動画で紹介しています。


同じポイントでも素早くレンジを見つけて連発する人は、数を釣るために効率のいいレンジの区切り方や、探る順番を工夫しています。その数を釣っている人がやっている効率のいいレンジの区切り方や、数を釣るためのレンジを探る順番とは?


多くのアジを釣るためには、効率のいいレンジの区切り方や、アジの群れを散らさないレンジの探り方をする必要があります。そこで矢野が普段からやっている、レンジの区切り方や探る順番を詳しく解説しています。初心者の方でも簡単に真似できるので、ぜひ真似して釣果アップに繋げてください。


毎回すぐに根掛かりして、心が折れそうになる。そしてジグヘッドの消耗が激しく財布のダメージがキツイ。そんなあなたに送る根掛かりを防ぐ3つのコツとは?


釣れない時ほど底付近を丁寧に探ろうとして根掛かりが増えるのですが、3つのコツを実践することで、根掛かりを激減させることができます。僕はこの3つのコツをを実践することで、1回の釣行で根掛かりが1度あるかないかのレベルまで減らしました。その3つのコツを紹介しています。


アクションを入れてもジグヘッドの操作感を手元に感じれずに、何やってるかさっぱり分からない。そんなあなたに送るジグヘッドの操作感が手元に伝わりやすくなる、アクションの入れ方のコツとは?


僕がアジングを始めた当時、アクションを入れてもジグヘッドの操作感が手元に伝わらずに、何をやってるかさっぱり分かりませんでした。しかし、とあるアクションを入れるコツを掴んだら、手元に操作感が伝わりやすくなり、自分のイメージ通り操作できるようになりました。そのアクションを入れるコツを紹介しています。


矢野も苦手だったアクションを入れた時のリールを巻く動作。しかしある3つ要素を考慮したことで、どのくらいリールを巻いたらいいか分かりやすくなり、うまくできるようになりました。そのアクション後のリールを巻く量の目安となる3つの要素とは?


アクションを入れた時のリールを巻く量は、3つの要素が重要になり、この3つの要素を知って練習することで、誰でも簡単にできるようになります。そのアクション後のリールを巻く量の目安となる3つの要素、アクション後にリールを理由を詳しく解説しています。


合わせを確実に決めるには、食わせの間の時の竿の構え方が重要となり、この竿の構え方を知っているか知らないかで、釣果が2倍3倍と変わるでしょう。その合わせが決めやすくなる竿の構え方とは?


合わせを確実に決めるには、食わせの間の時の竿の角度が重要になりますが、多くの初心者の方ができておらず、フッキングミスが多発して釣果が下がってます。そこで、初心者の方でも簡単に真似できる、フッキングを決めやすい構え方を紹介しました。この構え方を真似することで、フッキング率が上がり釣果アップに繋がるでしょう。


風が強い時でも上手にアタリを取って釣る人とそうでない人の違いとは?これは非常にシンプルな問題で、風が強い時に食わせの間にちょっとした工夫をするだけで、アジング初心者でも簡単にアタリが取りやすくなります。そのちょっとした工夫とは?


風が強い時は食わせの間にちょっとした工夫をすることで、アタリが取りやすくなり、釣果を伸ばせます。僕はこの工夫を覚えたことで、風が強い日でもアタリをきちんと取って、アジが釣れるようになりました。ちょっとした工夫ですが、これをやるかやらないかで、風が強い日の釣果に大きな差が出るでしょう。


1540_32アジングで釣果アップするためには、テンション抜けのアタリを取る必要があり、このアタリが取れるか取れないかで釣果が10%以上変わる時も普通にあります。そのテンション抜けのアタリを取る2つのコツとは?


アジングで釣果アップするためには、手元にコッと伝わる反響のアタリだけでなく、手元に反響が伝わらないテンション抜けのアタリを取る必要があります。しかしテンション抜けのアタリを知らないと、このアタリを感知するのは難しいです。そこで、アジング初心者でも簡単に、テンション抜けのアタリが取れるようになる、2つのコツを紹介しています。


アジングの合わせの入れ方は主に3種類あり、状況によって使い分けることで、フッキング率が上がり釣果も伸びます。逆に適切な合わせの入れ方ができないと、合わせが決まらず釣果も落ちます。その3種類の合わせの入れ方とは?


アジングの合わせの入れ方は3種類あり、この3種類を状況に合わせて使い分けることで釣果が上がります。逆に適切な合わせを入れないと、せっかくアタリがあってもフッキングが決まらずに釣果は落ちます。そこで、3種類の合わせの入れ方と使い分けを詳しく解説しています。


ジグヘッドを投げてフリーフォールで沈めていたら、いきなりアタリがあってびっくりして釣ることができない。そんなフリーフォールでアタリがあった時でもアジを釣るための合わせの入れ方とは?


アジの活性が高い時など、ジグヘッドを投げてフリーフォールで沈めている時に、食ってくることがあります。しかしフリーフォールで沈めているので、合わせを入れるのが難しいです。そこで矢野がいつもやっている、フリーフォール中にアタリがあった時でもフッキング率が上がる合わせの入れ方を紹介しました。


数を釣るために重要なアジを掛けてからのやり取り。たくさんアジを釣る人はアジを掛けた後も、群れを散らさず効率よく寄せるやり取りを実践しています。このやり取り法をやることで、アジの群れが散りにくくなり、釣果は2倍、3倍と伸びるでしょう。


アジを掛けた後のやり取りが悪いと、簡単に群れが散ってしまい、数釣りが難しくなります。たかがやり取りと思うかもしれませんが、僕はこのやり取り法を覚えたことで、アジの群れを散らさずに手返しよく数釣りができるようになりました。そのアジの群れを散らさずに素早く寄せるやり取り方法を紹介しています。


アジングワームの種類が多すぎてどのように選べばいいか分からない。アジングワームをどのようにローテーションしたらいいか分からない。そんなあなたに送る、釣果を上げるアジングワーム選びのコツとワームローテーション術とは?


アジングワームはどのワームもよく釣れるわけではなく、中にはあまり釣れないワームも存在します。そこで矢野が今まで100種類以上のアジングワームを使った経験を元に、よく釣れるアジングワームの選び方と、普段からやっているワームローテ術を紹介します。これを見ればアジングワーム選びで失敗して、即メルカリで転売することはなくなるでしょう。


もうアジングワームのカラーで迷わない。シンプルで簡単でよく釣れるアジングワームのカラーの考え方とカラーローテ術とは?


アジングワームのカラーの種類が多すぎて何を選んだらいいか分からない。という方のために、簡単でよく釣れるようになるワームカラーについての考え方を紹介しました。矢野のアジングワームカラーについての考え方を知ることで、迷わず簡単にワームカラーを選べて、釣果を上げる適切なカラーローテができるようになるでしょう。


アジングワームは釣れる刺し方、釣れない刺し方があり、正しい刺し方をすることで、アジの反応も上がり釣果も伸び、ワームも長持ちします。しかし間違った刺し方をすると、隣に10倍、20倍で釣り負けることもあるくらい、釣果に差が出ます。そのアジの反応が上がりワームが長持ちする刺し方とは?


アジングでよく釣っている人ほど、ワームの刺し方にも拘ってます。しかし多くの初心者はワームの刺し方でアジの食いが変わることを知らずに、無意識のうちに釣れない刺し方をしている場合が多々あります。そこで、釣れるアジングワームの刺し方、釣れないアジングワームの刺し方について、詳しく解説しています。


矢野がアジングの型で実際にアジを釣っているところを見て学びたい。そんなあなたのために、矢野が2万匹以上アジを釣ってきた【アジング最強の型】で、実際にアジを釣りながら解説しました。実際にアジを釣っている動画を見ることで、どのようにすればアジが釣れるのか、より明確にイメージできるようになるでしょう。


アジング最強の型で紹介した、数を釣るためのレンジの取り方、アクションの入れ方、食わせの間の入れ方、合わせの入れ方、アジの群れを散らさないやり取り法などを実践して、アジを釣っていきます。僕はこの釣り方で2万匹以上のアジを釣り、今現在もこの釣り方で年間通じて色んな場所で、安定した釣果を出し続けています。

 

 

と、このような感じで、

アジング初心者の方でも

分かりやすいように

詳しく掘り下げて解説しています。

 

 

このコンテンツを見ることで、

アジング初心者でも、

簡単にアジが釣れる【型】を、

身に付けることができるでしょう。

 

 

また、ここで紹介しているコンテンツは

教材の一部であり、

実際には上記で紹介している以上の

コンテンツが多数あります。

 

多くのアジング初心者が

アジングで初めてのアジを釣ることに

成功しています‼

 

この参加者の声は

アジング最強の型に参加して

実践した方の声になります。

 

多くの釣り初心者、

アジング初心者の方が、

釣果アップに繋げています。

 

それでは、以下参加者の声です。

 

 

アジングを始めて1年間は全く釣れなかったのに、アジング最強の型を学んだら、2週間で初めてアジが釣れました!!

40代男性 神奈川県 アジング歴1年 Yさん


矢野さん、こんにちは!

 

やりました!アジ釣りました!

初めてです!

 

経験したことの無い引きで、

まさかと思いながらリールを巻き、

抜き上げ始めの魚体の色合いで、

もしかしてと目を凝らせば、

追い求めていたアジでした!

 

しかも1匹だけでなく、

合計4匹もアジが釣れて

めちゃくちゃ感動しました!!

 

実は1年前に

アジングを始めてみたものの、

ルアーでのアジの釣果は上がらず、

ルアー実績はカサゴとちびメバルのみ、

という惨憺たる有様でした。

 

年を取ってから始めた趣味でもあり、

釣り事態経験が浅いので、

具体的な知識やスキルが

欠如しているところが

多々あると思います

 

友人も先輩も、

師匠と呼べる人もおらず、

知り合いを作るのも苦手で、

インターネットで独学を

しているところでした。

 

そんな中、

矢野さんのブログで

アジングでアジを釣るには

【型】があると知り、

「自分にはこれが必要だ!」

と思って即決で購入。

 

普段の矢野さんのブログや

YouTubeの内容の感じで、

アジングでアジを釣るための【型】が

細かく掘り下げて解説されており、

初心者の自分でも分かりやすかったです。

 

 

特に釣り方の1つ1つの要素を

具体的に初心者でも分かりやすいように

解説してくれているので、

自分の釣り方との違いがすぐに分かり、

 

レンジの取り方やアクションなどの

ロッドワークが悪かったのが

すぐに分かりました。

 

 

そして、型が頭に入るまで、

何度も動画を見て、

実際にアジングに行きました。

 

 

そして動画で紹介された

型を真似して釣ったら、

なんと1回目の釣行で

いきなりアジが釣れたのです。

 

今まで経験したことのないアジの引き、

足元まできた銀色の魚体をみた瞬間、

嬉しさのあまり「やったー」と

年甲斐もなく声が出てしまいました(笑)

 

アジングを始めて1年間は

全くアジが釣れなかったので、

型を学んでも釣れるまでは、

時間が掛かると思ってましたが、

まさかこんなに早くアジが釣れるとは。

 

しかも1匹だけでなく

合計4匹もアジが釣れて

正直驚きました。

 

 

今でもこの時釣った

アジの引きの感触が

手元に残っており、

一生忘れることができない

釣行になりました!!

 

 

本当にアジングの型を

学んでよかったと

心から思います。

 

今後は、

もっと釣果アップできるように

頑張ります!!

 

本当にありがとうございました!

 

 

7年前に難しくて一度挫折したアジング。しかしアジング最強の型を手に入れてから、最大25匹のアジを釣ることができました!

40代男性 大阪府在住 アジング歴1か月 Oさん


矢野さん、こんにちは!

 

アジングの型で

学んだ通りに釣ったら、

初めて18cmのアジが釣れ、

 

その後の釣行でも

18cm~23cmのアジが

なんと25匹も釣れました

 

まさかアジングで

こんなにアジが釣れるとは

全然思ってなかったので、

マジで大興奮です。

 

実は7年前に、

子供の頃以来の釣りを再開し、

仕事帰りに手軽にできそうだった、

アジングを始めました。

 

しかしアジングは、

自分が思っていた以上に難しくて、

 

ジグヘッドの操作感を感じれずに

何やっているか分からない。

 

どうやったらアジが釣れるのか

さっぱり分からない。

 

といった理由で一度挫折して、

シーバスやチニングを始めました。

 

いや~、まさかサビキで

鈴なりになって釣れる魚を

ルアーで狙うのが

こんなに難しいとは思わず、

完全にアジングを

舐めてましたね(笑)

 

 

しかし7年ほど経って、

食べれる魚を釣りたいと思い、

以前挫折したアジングを再開しようと、

ネットで色々調べたところ、

YouTubeで矢野さんを知りました。

 

 

そして動画やブログを片っ端から見て

アジングについて勉強していました。

 

そしてある時、

アジング最強の型という教材が

販売されることを知り、

 

ブログやYouTubeで

これだけ濃い発信をしている人が出す、

有料のコンテンツを見ないと、

絶対に損するだろ、と思い、

即購入させていただきました。

 

そして、

わくわくしながら教材を見たら

アジングの釣り方が、

とても分かりやすく解説されていて、

 

今まで自分が挫折した

 

レンジの取り方が分からない

どんなアクションがいいか分からない

ジグヘッドの操作感が分かりにくい、

 

といった部分も、

動画を見たら簡単に解決できました。

 

 

そして動画を見ているうちに、

「この釣り方だと絶対アジが釣れるだろ」

という気持ちになり、

次の日仕事だったのですが、

居ても立っても居られなくなって、

早速アジングに行きました(笑)

 

 

ポイントに到着して、

教材で紹介されていた型通りに、

丁寧に釣っていくと、

なんと5投目で、

初めてアジが釣れました!!

 

サイズは18cmほどでしたが、

コッという明確なアタリが出て、

サイズからは想像できない

キュイ~ンという鋭い引きで、

びっくりしました。

 

その後もポツポツとですが

散発的にアジが釣れ、

最終的に3匹のアジを

釣ることができました。

 

 

しかし3匹釣れたとはいえ、

釣り方が悪くなると

アタリの数が激減したので、

もっと改善すれば、

数を伸ばせると感じました。

 

そこで教材を繰り返し見て対策を立て、

別の日に再びアジングに行くと、

なんと2時間の間で、

18cm~23cmまでのアジを

25匹も釣ることができたのです。

 

 

いや~、まさかアジングを再開して、

1か月も経たないうちに、

25匹もアジが釣れるようになるなんて、

夢にも思わなかったです。

 

自分みたいにアジングが難しくて、

一度挫折した人間でも

アジが釣れるようになり、

めちゃくちゃ自信が付きました。

 

ただ、釣りを再開した7年前に、

アジング最強の型を知っていれば

アジが釣れなくて挫折することも

なかったのにな~とも思いました(笑)

 

 

本当に、

昔の僕と同じように、

アジングでアジが釣れなくて

挫折したり悩んでいる人には、

ぜひ手に取ってほしい教材ですが、

 

あまり購入者が増えると、

ライバルは増えそうなので、

もう少し高めの金額に

してほしいですね(笑)

 

僕は学んだ型を駆使して、

矢野さんがよくやってる

アジ剣山できるくらい

たくさん釣れるように、

頑張ります!

 

本当にありがとうございました!

 

 

初めてアジングで2桁超えの18匹のアジが釣れました!自分でも正直びっくりしています!

40代男性 福岡県在住 アジング歴2ヶ月 Iさん


矢野さん、こんばんは!

 

アジングの型通り釣ったら、

なんと3時間で18匹の

アジが釣れました!!

 

初めて2桁超えの釣果です!!

 

あまりの嬉しさに

友達にもラインで、

自慢しまくりました(笑)

 

本当に嬉しいです!

 

 

僕は今までネット上の情報や

雑誌などのメディアを見て

アジングを学んでいましたが、

 

タックル紹介がメインのような

内容が薄いものばかリで、

いくら真似をしても、

全然釣果が上がりませんでした。

 

 

そんな中、

矢野さんをYouTubeで知り、

動画やブログを見ていると、

発信している内容が、

他の人と次元が違うレベルだと

感じました。

 

 

そして、

この人の釣り方を学べば

自分もアジが釣れるのではないか?と思い、

即購入させていただきました。

 

 

早速コンテンツを見たら、

もう内容が濃すぎです。

 

 

アジを釣るための基本的な型が

細かく掘り下げて紹介されており、

 

基礎的な一連の動作、

レンジの取り方やアクションの入れ方、

アジを釣るために必要な要素が

 

初心者の僕でも分かりやすいように

具体的に解説されていました。

 

 

正直値段が安かったので、

ここまで詳しく解説されているとは思わず、

この値段でこんなに教えてもらっていいのだろうか?

と考えてしまいました(笑)

 

 

それとともに、

今までネット上や雑誌で、

色んなアジングの情報を

収集していましたが、

 

無駄に時間を使っただけで、

もうこの教材だけあれば

他の情報はいらないと思いました。

 

 

そのくらい

アジを釣るために必要な

本質的な情報が、

初心者でも分かりやすく

紹介されていました。

 

 

そして冒頭でも書いた通り、

学んだ型を実践したら、

なんと18匹のアジが

釣れてくれました。

 

今まで1回の釣行で、

1~2匹しか釣れなかったので、

まさか18匹もアジが釣れるとは

自分でもびっくりでした。

 

 

友達にラインしても

「そんなに釣れるか?嘘つくなよ」

と写真を送るまでは、

信じてもらえませんでした(笑)

 

 

今回初めて10匹以上の

アジを釣ったことで、

よりアジングの楽しさを

知ることができ、

今では毎週のように

アジングに行くようになりました。

 

まさか40歳を過ぎてから

こんなにも深く嵌る、

一生ものの趣味ができるとは

夢にも思いませんでした(笑)

 

 

本当に早い段階で

アジング最強の型を学ぶことができて

心からよかったと思います。

 

このようなコンテンツを作っていただき

ありがとうございました。

 

2万匹以上釣った実績がある

アジング最強の型の価格について

 

価格ですが、

正直いくらにしようか

かなり悩みました。

 

というもの、

十人十色という言葉があるように

価値観も人によって全く違うからです。

 

そこでまず最初に、

考えてみてほしいのですが、

 

アジングで2万匹以上釣った実績があり、

簡単にアジが釣れるようになる

【型】

 

これを素早く身に付けることができるのなら、

それはあなたにとって

いくらの価値があるでしょう?

 

とてつもない価値が

あると思いませんか。

 

 

実際に以前クローズドで募集して、

この講座を開催した時の参加費は、

19800円でした。

 

 

 

しかし後に話す理由から、

このアジング最強の型の価格は、

 

980円(税込み)

 

で販売します。

 

 

この価格で、アジング初心者でも、

色々な場所でアジが釣れるようになり、

5年、10年とアジングを楽しめる、

アジング最強の型を

身に付けることができるのです。

 

 

なぜ、そんなに安いの?

 

きっと、そう思ったと思いますが

正直に理由を話すと、

 

この教材は、

エントリー教材と位置付けており、

あまり予算の都合がつかない初心者の方や、

結婚してお小遣い制の方でも、

参加しやすい価格設定としました。

 

 

そして最初にこの教材で

アジングの型を学んで、

あなたにアジングでアジが釣れる

楽しさを知ってもらうことで、

今後、僕が開発に関った他の商品も

手に取ってもらえると思ったからです。

 

 

そういった理由から、

あまり予算の都合がつかない初心者の方や、

結婚してお小遣い制の方でも、

参加しやすい価格としました。

 

 

しかしいつまでもこの価格で

販売するとは限りません。

 

 

というのも、

あまりに参加者が多くなった場合、

僕のライバルが増える可能性が

極めて高くなります。

 

そうなった場合、

僕自身の釣果が下がったり、

製品テストが難しくなるなど、

影響が出る可能性が考えられます。

 

 

そういった理由から、

このアジング最強の型の価格を

予告なく値上げする場合もあります。

 

 

購入をお考えの方は

今すぐ↓のボタンをクリックして、

お申し込みください。

 

 

アジング最強の型を
カートに入れる

 

※アドレスを間違えて入力した場合、申し込みメールが届きません。数分経っても届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認するか、再度正しいメールアドレスを入力してお申込みください。また携帯メールでの受信の場合、パソコンから受信できる設定でないと、登録リンクが届かないので、必ず申し込み前にパソコンからのメールを受信できる設定にしてください。

 

 

 

もちろん、

参加するもしないも

あなた次第です。

 

 

しかし、ネット上の情報を集めた

まとめサイトの情報や、

偏向的な情報発信をしている

メーカーの情報に踊らされていたら、

いつまでたっても釣果は上がりません。

 

 

今、変わらなかったら

1年後、2年後も同じことで

悩んでいるのではないでしょうか?

 

 

すでにこの企画に参加して、

矢野が2万匹以上アジを釣った

アジングの型を学んだ、

関西地方のアジング初心者の方は、

 

参加後の初釣行で、

初めてアジを釣ることに成功し、

その後も色んなポイントで

着実に釣果を伸ばしています。

 

アジングを初めて1年間は

1匹もアジを釣ることができずに、

もう釣れないからアジングをやめようか

と悩んでいたにも関わらず・・です。

 

 

もしあなたが

色んな情報にも惑わされず、

コロナの影響による釣りブームで

アジングを始めた他の人よりも、

 

早くアジングを覚えて

安定した釣果を出したいのなら、

今が行動するタイミングです。

 

 

ぜひこの機会に、

↓のボタンをクリックして、

アジング最強の型に

ご参加ください。

 

 

アジング最強の型を
カートに入れる

※アドレスを間違えて入力した場合、申し込みメールが届きません。数分経っても届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認するか、再度正しいメールアドレスを入力してお申込みください。また携帯メールでの受信の場合、パソコンから受信できる設定でないと、登録リンクが届かないので、必ず申し込み前にパソコンからのメールを受信できる設定にしてください。

 

Q&A

 

返金保証はありますか?
返金保証はありません。

 

アジング最強の型は、僕が2万匹以上のアジを釣った実績のある型を公開しており、内容には自信があります。

 

最初から返金保証を求められる方は、購入を見送ってください。

矢野さんが使っているタックルと同じタックルは必要ですか?
必要ありません。

 

本質的な釣り方を解説しているので、僕が使っている道具を使わないと同じ効果は得られないことはなく、ご自身の好きなアジングタックルを使っていただいたので、問題ありません。

 

ただしロッドやラインの性能によって、感度や操作性、アタリの取りやすさなどが変わるので、その点はご注意ください。

スプリット、キャロ、フロートリグを使った釣り方は紹介していますか?
スプリット、キャロ、フロートリグを使った釣りは紹介していません。

 

今回のアジング最強の型は、ジグヘッド単体に絞って紹介しています。スプリット、キャロ、フロートを使った釣り方は一切解説していませんので、ご注意ください。

アジングロッドやリールは紹介していますか?
使用タックルデータは公開していますが、ロッドやリールの使用感などは紹介していません。

 

アジングロッドやリールのインプレはブログ、YouTubeで無料公開していますので、そちらをご覧ください。

アジング最強の型を購入すれば絶対にアジは釣れますか?
そのような考えの方は購入を見送った方がいいです。

 

この予備校に通えば東大に必ず受かりますか?と同様の質問です。予備校に通っても、東大に入るのも本人の努力次第ですよね?

 

ただ僕としてはこのアジングの型を学んで実践すれば、誰でもアジングでアジが釣れるようになる内容を詰め込んでおります。

 

なのでそのような「絶対にアジが釣れるようになりますか?」という質問をされる方は、今回のアジング最強の型に参加してもらうのを、こちらからお断りさせていただきます。

 

あくまで僕はこのアジング最強の型を通じて

アジングを教えていくスタンスです。

 

実践するのはご自身ですので、それはご了承ください。

アジング初心者でも大丈夫でしょうか?
アジング初心者の方でも大丈夫です。

 

むしろ初心者の方に、ぜひ手に取っていただきたいです。

 

レターの内容にも記載していますが、僕が初心者の時にアジングの型を手に入れるまでは、あまりアジが釣れずに周りに馬鹿にされる辛い日々を過ごしてきました。

 

今思い出すだけでも思わず涙ぐむくらい辛かったのですが、アジングの型を手に入れたことにより、釣果が50匹、100匹と右肩上がりで伸びていきました。

 

今現在も安定してアジを釣ることができているのは、間違いなくアジングの型を知ったからです。

 

僕自身もそうでしたが、アジングの型を知っているか?知らないか?で、これからアジングを覚えていく人にとって、大きな分岐点になるでしょう。

 

アジング初心者で他の人よりも、早くアジングを覚えたいのなら、ぜひ手に取っていただきたい内容となっています。

個別サポートはありますか?
個別サポートはありません。

 

購入していただいた方1人1人にしっかりとサポートしたい気持ちはあるのですが、人数が多くなることが予想されるため、個別サポートは物理的に限界があります。

 

よって申し訳ありませんが、個別の事例に合わせて質問回答をする、個別サポートはありません。

具体的な釣り場(ポイント)などの紹介はありますか?
具体的なポイントの紹介はありません。

 

特定のポイントを紹介すると色々とトラブルになる可能性もありますので、どのポイントが釣れるのか?というのは一切紹介していません。

 

もし僕がアジングをしている具体的な釣り場を知るのが目的で購入を考えているのであれば、購入を見送ってください。

愛媛県の矢野さんが通っているポイントだけでしか通用しない、

アジングの型ではないでしょうか?

全国どこでも通用するアジングの型です。

 

地域によってご当地パターンはありますが、本質的なアジの生態は変わりません。

 

僕自身、愛媛県をメインでアジングをしていますが、特定の場所だけでアジングをするのではなく、基本的にホームを持たずに瀬戸内海、宇和海など、水深1m未満のシャロー帯から水深20m以上のディープなポイントまで、普段から色々な場所でアジングをしています。

 

よって僕が色々な場所で、安定して釣果を出すために研究してきたアジングの型になりますので、愛媛県の特定の場所でしか通用しない内容ではありませんし、山口(瀬戸内海、日本海)、大分など県外に遠征した際も問題なく通用しています。

 

さらに今回のアジングの型が愛媛県でしか通用しないのであれば、僕が主に愛媛県でテストしたレンジクロスヘッドなどジグヘッドも、愛媛県でしか通用しないことになりますが、そのようなことはなく全国的に通用するジグヘッドとなっています。

 

そのような理由から、今回のアジングの型も愛媛県の特定のポイントでしか使えないことはありませんので、ご安心ください。

どのくらいの期間でアジが釣れるようになりますか?
人によって状況が違うので分かりません。

 

1年中アジが釣れる地域や、夏~秋しかアジが釣れない地域。

 

毎日アジングに行ける人、月に1回しかアジングに行けない人。

 

釣り初心者の人とバス釣り経験がある人など、人によって状況が異なるので、具体的にどのくらいでアジが釣れるようになるか、明確にお答えすることはできません。

 

しかし、釣り初心者だけど、アジが釣れるシーズンに週2~3回釣行できる方や、ルアー釣り経験者で週1回釣行できる方は、1か月以内で成果を出せると思っています。

いつまで有効なアジングの型なのでしょうか?
アジが絶滅しない限り有効な型と考えています。

 

温暖化などでアジの生息域など多少変わるかもしれませんが、本質的なアジの生態は変わりません。

よって一度覚えてしまえばアジが絶滅しない限り、ずっと使える型と思っています。

 

もし万が一、温暖化などの影響でアジの生態が変化して、今回紹介している型が通用しなくなれば、内容をアップデートしていきます。

 

アップデートによる追加料金は一切必要ありませんので、ご安心ください。

メバルなどの他魚種にも使える型でしょうか?
メバルには使えません。

 

一部メバルにも共通する部分はありますが、アジングに絞って釣り方を紹介していますので、メバルなどの他魚種に使用する目的では購入をご遠慮ください。

パソコンは必要でしょうか?
パソコンは必要ありません。

 

ただしコンテンツはオンライン上のサイトで動画(YouTube)での提供となりますので、YouTube動画が視聴できる環境(スマートフォン、インターネット)が必要になります。

支払い方法はどんな方法がありますか?
クレジットカード払い(Paypal ペイパル)、銀行振込となります。

 

クレジットカード払いは、PayPal(ペイパル)を通じてのお支払になりますので、事前にPayPal(ペイパル)への登録(無料)が必要になります。

 

クレジットカードでのお支払いの場合は手数料はかかりませんが、銀行振り込みの場合、手数料はご負担いただきますようお願いいたします。

支払い後、商品はいつ受け取れますか?
支払い完了後に即メールでお渡しします。

 

ただ、まれにメールサーバーと決済ページの通信の関係で、決済完了後に即お渡しできない場合もあります。

 

その場合は手動で入金確認してからのお渡しになりますので、三日ほどお時間を頂く場合もありますが、ご了承ください。

 

商品はメールでのお渡しになりますので、迷惑メールにならないように、受信設定をお願いします。

 

最後に

 

冒頭でも言いましたが

 

僕がアジングでボーズが9割減って

尺アジ、ギガアジ、テラアジを含む

累計2万匹以上のアジを釣ることができたのは、

間違いなくアジングの型を学んで実践したからです。

 

 

アジングの型を学んで実践したからこそ、

ほぼルアー釣りの経験がなかった僕でも

ボーズを9割減らすことに成功して、

尺アジ、ギガアジ、テラアジを含む

2万匹以上のアジを釣ることができたのです。

 

 

正直に言いますが、

最初はアジングの型を覚えるだけで

簡単にアジが釣れるようになるとは

思いませんでした。

 

そもそもアジングで

多くのアジを釣っている方は

釣りのセンスや才能があるから

釣れるのであって、

僕のような普通の人には

難しいと思ってました。

 

 

でもアジングの型を学んで実践してからは

その考えは180度変わりました。

 

 

 

センスや才能なんて全くいらない。

 

 

誰でもしっかりと

アジングの型通りに実釣するだけで

簡単にアジを釣ることが可能なのだと。

 

 

僕はアジングの型を学んだからこそ

それを体験することができ、

アジングの型をベースに

多くのアジを釣る研究を重ね

尺アジ、ギガアジ、テラアジを含む

2万匹以上のアジを釣ることができました。

 

 

そして今まで多くのアジを釣って

コツコツと積み重ねてきたデータを元に

メーカーと協力して製品開発も

手伝うようになりました。

 

 

ブログではアジングで悩んでいる方から

質問を多くいただいたり、

 

釣り場で会った人には

「アジングの釣り方教えてください」と、

言われるようになったり、

 

「矢野君がテストした製品は間違いない」

と言ってもらえるようになりました。

 

 

僕はアジングの型で

人生が変わりました。

 

 

そんな僕の人生が変わったアジングの型。

 

僕が15年以上アジングをして

2万匹以上アジを釣って実証してきた、

基本的な内容を

凝縮して詰め込んでおります。

 

 

 

アジングの型を手に入れて

アジが釣れるようになると

釣り場で知らない人に「ヘタクソ」と言われて

馬鹿にされることもなくなります。

 

 

ボーズが減って釣果アップすれば、

アジの引きを楽しめるだけでなく、

色んな美味しいアジ料理を堪能できますし、

SNS上の他人の釣果と比較して

落ち込まなくなります。

 

 

また、一部メーカーによる

自社製品を売るための偏向的な情報発信や、

ネット上の情報を拾って作られた

キュレーションサイトの情報に引っかかり

アジが釣れるようになるまで

遠回りすることもなくなるでしょう。

 

 

僕は幸いにもアジングを始めて早い段階で

アジングの型を学ぶことができたからこそ、

周りからヘタクソと

バカにされる日々から脱出でき、

 

自社製品を売るための

偏向的な情報発信にも

ほぼ惑わされずに済みました。

 

 

そしてアジングの型通りの釣り方で、

尺アジ、ギガアジ、テラアジを含む

累計2万匹以上のアジを

釣ることができました。

 

 

だからこそ、過去の僕と同じように

アジングでアジが釣りたいのに釣れなくて

悔しい思いをして悩んでいる方のために、

今回のアジング最強の型を作成しました。

 

 

あなたもアジングの型を身に付け

より多くのアジが釣れるようになって、

アジングを楽しめるようになって

いただければ幸いです。

 

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

アジング最強の型を
カートに入れる

※アドレスを間違えて入力した場合、申し込みメールが届きません。数分経っても届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認するか、再度正しいメールアドレスを入力してお申込みください。また携帯メールでの受信の場合、パソコンから受信できる設定でないと、登録リンクが届かないので、申し込み前に必ずパソコンからのメールを受信できる設定にしてください。

 

特定商取引法の表記